ジニアス記憶術を習得するメリット

ジニアス記憶術のトレーニングは1日7分程度で実践できる

 

川村明宏のジニアス記憶術は、簡単なトレーニングゲームを1日7分程度行うことで記憶力をアップさせていきます。1日7分と短時間でできるところが川村明宏のジニアス記憶術の良さです。

 

トレーニングゲームはステップ1〜4に分かれています。ステップ1は、自身の記憶力を測定します。

 

続いてステップ2はトレーニングゲームによって、左脳の能力を約2倍に活性化し、右脳の能力においては約20倍に活性化させます。

 

ステップ3は、イメージによる記憶力トレーニングゲームを行い、右脳の能力をさらに高めます。ステップ4は、繰り返しによる記憶力トレーニングを行い、一度覚えたことを忘れない能力を高めます。

 

川村明宏のジニアス記憶術の良さは、短時間でできるということだけでなく、ステップごとに記憶力を高めるトレーニングを効率的に行えることもあげられます。

 

ジニアス記憶術を習得するメリットとは

 

川村明宏のジニアス記憶術とは、一日たった7分間ゲームをするだけで記憶できる量を数十倍にまでアップさせるという方法です。

 

既に世界中に実践されている方法で実践しやすいジニアス記憶術の良さがあります。

 

右脳を鍛えるゲームソフトの製作にも携わっており、これまで数々の書籍も出版しています。

 

川村明宏のジニアス記憶術を実践することで記憶力がアップするというメリットがあります。

 

受験を控えた学生さんや仕事の能率を上げたいサラリーマンの方にもメリットとなるでしょう。

 

実際に川村明宏のジニアス記憶術を習得した方の感想をチェックすると、毎日短時間のトレーニングを続けただけでテスト勉強が捗ったという意見があります。

 

学校で受けるテストの点数を上げたい方や資格試験にチャレンジしたい方にはお勧めです。

 

川村明宏のジニアス記憶術を習得するポイント

 

川村明宏のジニアス記憶術を習得するときのポイントは、トレーニングを継続して行うことです。

 

マニュアルでも解説されていますが、長時間トレーニングを行ってもストレスになってしまったり負担に感じてしまったりすると意味がないので短い時間で行うのが良いです。

 

また、記憶力は日常生活や仕事や学校などでも必要になってくることがある身近なものなので記憶力を鍛えておくと普段から活用する事ができます。

 

記憶力を鍛えるポイントとしては、ジニアス記憶術のトレーニングゲームで毎日継続して行うことが重要な点だと思います。

 

というのも数日に一度大量にトレーニングを行うよりも、短時間でも毎日行うことの方が、習熟度に違いが生まれます。

 

脳は筋肉と同じように、成長させるためには休息させる必要があるのです。

 

長時間に渡って記憶力を鍛えたとしてもストレスを感じてしまったり、トレーニングゲームで目が疲労してしまったりするだけなので毎日短時間行う方が良いです。

 

その方が継続しやすいく記憶力を鍛えられるポイントだと言えます。